« 頚椎ヘルニアでストレッチってどうなんでしょう? | トップページ | 頚椎ヘルニアの症状について! »

2012年9月 1日 (土)

頚椎捻挫と整体治療

頚椎捻挫は整体(日本古来の柔術系の技術、中国医学の手技療法系の技術、カイロプラクティックなどの西洋系の技術など、色々な流派があります)に行くとよくなると言う話も、多いのではないでしょうかね。

病院での治療(なるべく早期に始めるほど、効果が上がりやすいものです)が長く続いて、症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)がなかなか改善しないと、何か別の治療方法に頼りたくなると呼ばれているんです。

そんな時、整体院のホームページなどをみると、頚椎捻挫を改善出来るような気がしてくるものですね。

でも、整体院で施術を行う上では特に資格(意外と取ってもあまり役に立たないこともあったりします)は要らないのです。

当り前ですが、中には素晴らしい技術を持つ人もいますよね。

そして、そんな人に施術してもらえば、頚椎捻挫がよくなるかもしれません。

但し、それは危険な賭けと言った表現が相応しい行為です。

何故なら、整体(施術にあたり必要とされる国家資格はなく、民間資格しかありませんし、民間資格を取得していなくても整体師と名乗ることはできます)が要因で頚椎捻挫になったというような話もあるくらい、危険な行為が行われるケースが少なくないからです。

頚椎捻挫を改善させる治療法としては、他にも、整骨や鍼灸(WHO・世界保健機関も、一部の疾患に対する有効性を認めており、病気によっては健康保険が適用できます)、カイロプラクティック等があるでしょう。

このうち、整骨院で施術をするには柔道整復師(日本古来の伝統医療である柔道整復術により、打撲や捻挫、脱臼などの治療を行います)という国家資格(有用性が高い分、取得するのが困難だといわれています)が必要になりますし、鍼灸院(鍼灸師が施術を行う施設をいいます。

)で施術を行っているにはそれぞれ鍼師かきゆう師の国家資格(有用性が高い分、取得するのが困難だといわれています)が必要なのです。

それに対して、整体(骨格の歪みやズレを矯正することで、体調不良や不快な症状を改善しようとするものです)やカイロプラクティックはあくまでも、民間資格でしかないものです。

民間資格(取得するのに高額な費用が必要になることも多いので、取得の際には慎重に検討すべきでしょう)と国家資格(有用性が高い分、取得するのが困難だといわれています)のどっちが取得の難易度が高いかは、くらべるまでもないでしょう。

それに、整体に行く場合、一回の施術で5千円程度の費用が掛かります。

安いところなら1回3千円程度のこともありますし、長く続けて通うと安くなる事もあります。

いずれにしても、一回行けばそれで治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)が終わりということはまずないでしょう。

症状が改善するまでに、何度も通わなければならないのです。

そう考えたら、経済的な負担はすごく大きいと言っていいと思います。



お気に入りサイト!?
頚椎ヘルニアの治療で有名な病院
頚椎捻挫の治療期間
交通事故による頚椎捻挫の慰謝料ってどれくらい?



この記事の関連ワード
頚椎ヘルニア MRI 頚椎ヘルニア 再発 頚椎ヘルニア 克服 マッケンジー法 頚椎ヘルニア 頚椎症 

« 頚椎ヘルニアでストレッチってどうなんでしょう? | トップページ | 頚椎ヘルニアの症状について! »