« 頚椎ヘルニアに治療法ってどう? | トップページ | 頚椎ヘルニアとは? »

2012年6月 1日 (金)

頚椎ヘルニアは手術のこと

おはようさんです。今日も読んでくれて感謝です。

頚椎ヘルニア(椎間板ヘルニアという呼び方の方が一般的でしょう)の症状が進んでしまうと、痛みやしびれに悩まされて日常生活にも支障が出てしまう場合もあるそうです。

こういった状態になり、保存療法でも症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)の回復が見込めないと判断された場合には、最終的に手術を検討することも必要となります。

その際、頚椎ヘルニア(脊柱頚部の七つある椎骨のうち、第四?椎と第五?椎の間の下位?椎で最も多く起こります)は手術を行うことで本当に完治するのでしょうか。



まず、頚椎ヘルニアの手術には、神経を圧迫している要因となっている飛び出た髄核を直接除外する方法と、脊柱管を広げて圧迫を少なくする方法があります。

頸椎周辺には大切な神経が多く存在していますのでに、その手術も大変難しいとされています。

脊髄や神経の損傷による身体のマヒ、食道や頸動脈の損傷、感染症等、このような重篤な合併症を引き起こしてしまう危険性も高いだと言えます。

しかも、せっかくリスクを背負ってまで手術を行っても、実際には痺れが残る等と言う、症状が全て改善されてないケースも相当数ある事を頭に入れておいてみて下さい。



それでも、早いうちから症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)の改善を望む場合や、すぐにでも手術をしなければ危険な状態に陥る可能性があると言った場合には、当たり前ですが手術が必要となります。

その場合には、高い技術を持つ医療機関(病院や歯科医院の他に、助産所、はり師やきゅう師などが施術を行う施術所、薬剤師が調剤を行っている薬局も含まれることがあるでしょう)で治療(最先端のものは高額な費用がかかることがほとんどでしょう)を受け、手術実績の高い医師(最近では、セカンドオピニオンを利用する人も増えてきているようです)を選ぶことが、

わずかでもリスク(なんとなく、行動することによって危険性があるような気がしますが、実は行動しないことによる危険もあります)を減らす手段になりますよ。



頚椎ヘルニアの症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が進み、手術を行う可能性が出てきた際には、事前に専門の医療機関(入院できるベッド・病床が20床以上で病院、病床がないか、20床未満だと診療所と名称になります)や専門の医師を自分でしらべておく事も大事ですね。



このサイトはどう!
頚椎捻挫の原因
頚椎ヘルニアの治療で有名な病院
頚椎ヘルニアは鍼や整体で良くなるの?



といったところで、じゃんじゃん


この記事の関連ワード
頚椎ヘルニア コルセット 頚椎ヘルニア めまい 頚椎ヘルニア 再発 頚椎ヘルニアの名医 頚椎ヘルニア レーザー 

« 頚椎ヘルニアに治療法ってどう? | トップページ | 頚椎ヘルニアとは? »