« 頚椎捻挫と牽引術について | トップページ | 頚椎ヘルニアに治療法ってどう? »

2012年5月23日 (水)

頚椎ヘルニアを改善するストレッチってご存知ですか?

こんちわっすー、今日もお付き合いありがとうございます。

頚椎ヘルニア(二十代から四十代くらいに発症しやすく、手術を受けたとしても5%から10%の割合で再発するといわれています) は、40歳を超えたらどういった方でもなりえる疾患です。

再発しやすい疾患でもありますから、予防のため、また、すでに頚椎ヘルニア(脊柱頚部の七つある椎骨のうち、第四?椎と第五?椎の間の下位?椎で最も多く起こります)になっている人は、治療の一環として、ストレッチがオススメです。

患部を伸ばしたり縮めたりする事により、緊張した筋肉がほぐされ、血行がよくなり、筋肉が鍛えられるでしょう。



但し、痛みを我慢して行うのではなく、ゆっくりと痛みを感じない程度に、気持ちがいいなと思えるくらいの範囲で行うのです。

痛みがある場合、どうしても緊張しがちになりますが、のんびりとした深い呼吸をしながら、リラックスして行う事がポイント。



血流がよくなる入浴中や入浴後などに行えね、より有効でしょう。

ストレッチ(ムリをしない、バリスティックストレッチ以外は勢いをつけないというのがポイントです。

継続して毎日行うことで、少しずつ体が柔らかくなります)の方法は幾つかあるものですが、普通の方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)を紹介しましょう。



・額に両手をあてて、その手に額を強く押しつける。

これを数回繰り返す。

・首を鎖骨にふれるくらいまでゆっくり倒し、数秒キープ。

ゆっくり戻す。

これを数回繰り返す。

・首を左肩に向けて傾け、数秒キープ。

ゆっくり戻し、今度は右に傾け、数秒キープ。

これを数回繰り返す。

・限界まで右を向き、ゆっくり戻して、今度は左を向く。

・のんびり左周りで首を回す。



次に右回りで回す。

上記以外にもネットで検索すると、色々とみつかります。

専門医に相談しながら、自分に最もよい方法で行うといいでしょう。

ただし、悪化させてしまう可能性があるので、けして我流ではやらないでください。



なお、ストレッチは今日やって明日効果が出るというものではありません。

毎日続けることが大切なんですね。

筋肉は鍛えなければ衰えてしまうもの。

治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)は当然として、予防のためにも続けることで行うようにしてください。



リンク集。
頚椎ヘルニアは鍼や整体で良くなるの?
頚椎ヘルニアの治療で有名な病院
頚椎捻挫の治療方法



ということで、今日はこのへんに・・・次に会える日を楽しみに♪


この記事の関連ワード
頚椎ヘルニア MRI 頚椎ヘルニア しびれ 頚椎ヘルニア テーピング 頚椎ヘルニア 完治 頚椎症 

« 頚椎捻挫と牽引術について | トップページ | 頚椎ヘルニアに治療法ってどう? »