« 頚椎ヘルニアの原因のこと | トップページ | 頚椎ヘルニアを改善するストレッチってご存知ですか? »

2012年5月20日 (日)

頚椎捻挫と牽引術について

こんにちは~、皆様、元気にお過ごしですか?

頚椎捻挫の治療の一環として、牽引術を行うケースもあるかもしれません。

牽引術と言うものは、顎と後頭(脳科学的にわかっていることも多いですが、わからないこともまた多いでしょう)部に器具をつけて牽引する事により、一時的に頚部の神経の圧迫を緩和するというものです。

圧迫されていた神経が開放され、血行がよくなることで、頚椎捻挫の症状(自覚できるような異変は何も起こらずに進行してしまっていることも少なくありません)が改善されるケースもあるそうです。



ストレッチ(ムリをしない、バリスティックストレッチ以外は勢いをつけないというのがポイントです。

継続して毎日行うことで、少しずつ体が柔らかくなります)効果や頚椎固定効果もあるといわれています。

専用の器械による器械牽引法が一般的ですが、技術者が手で行う徒手牽引と言うやり方もありますね。

徒手牽引は、人間が行う分、よりその人に合った力加減や角度などでおこなう事のできるというのが利点です。

ただ、牽引する力は器械には及びませんし、長時間ずっと牽引し続けるのも難しいでしょう。



牽引術(骨折の治療では、牽引固定術などを使うことが多いようです)は頚椎捻挫の慢性期に、比較的よく行われます。

でも、頚椎捻挫に限った事ではなく、牽引術に関しては賛成意見と反対意見あるというのが本当の場所です。

当然、その人の症状に合わせて正しく行えば、症状が改善されることもあるかもしれません。

しかし、逆に、症状が悪化したというケースも少なくないことでしょう。



また、正しいやり方で牽引術(ある程度なら自分の手でも行うことができますね)を行える技術者があまり多くなく、病院によっては技術者任せにしているということもありますね。

牽引術はその効果の医学的根拠が乏しく、行っているのは日本の一部の整形外科のみだなどという話もありますね。

実際に牽引術を行っている技術者の話でも、頚椎捻挫に牽引術(症状が悪化することもあるので、頚椎に対して行う場合には注意が必要です)が劇的に効いたと言う人は希で、症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)がよくなった方も本当に牽引術(骨折の治療では、牽引固定術などを使うことが多いようです)の効果によるのか疑わしいとのことでした。

つまり、治る人は牽引術を行わなくても治っていた可能性があると言うことのようです。



ちょっと気になりました。
頚椎捻挫は温熱治療で改善
頚椎捻挫の症状とは
頚椎ヘルニアは漢方で治る



てなわけで、またね~(^・^)Chu♪


この記事の関連ワード
頚椎ヘルニア 枕 頚椎ヘルニア テーピング マッケンジー法 頚椎ヘルニア 頚椎ヘルニア闘病記 頚椎ヘルニア レーザー 


かずひこのブログ

« 頚椎ヘルニアの原因のこと | トップページ | 頚椎ヘルニアを改善するストレッチってご存知ですか? »